Bookmaker(ブックメーカー)ってなに? | サッカーファンブログ│ワールドカップ2018を応援します

Bookmaker(ブックメーカー)ってなに?

Bookmaker(ブックメーカー)とは、簡単に言うと、
スポーツなどをギャンブルの対象とする”スポーツ賭け”
の胴元に当たる会社のことを指します。
その賭けの対象はスポーツにとどまらず、日常の出来事など
多岐にわたります。

”スポーツ賭け!?”「それって違法じゃないの!??」と思う方も
多いかもしれませんが、海外ではとってもメジャーかつ、身近な
エンターテイメントです。

日本は、公営以外のギャンブル禁止じゃないの?と思われる方、
大丈夫です。なにが、大丈夫なのか?は
こちら⇒【スポーツベッティングとは】でご説明します。

ブックメーカーの歴史は結構古く、
18世紀末、イギリスの競馬場でレースへの賭けを請け負い始めたのが
最初になるそうです。

初めは競馬の歴史的趣旨にそぐわないということから抵抗もあり、
また公認された事業ではなかったので、政府も取り締まりに手を焼いている
状態でした。

そのうち、次第に“弾圧するから暗躍するのだ”と発想から、
1963年、BETTING GAMING AND LOTTERIES ACT(賭博及び宝くじ法)
と呼ばれる法案が議会を通過し、政府の定める厳しい条件をクリアすれば、
民間の会社が胴元になれるというルールが定められました。

認可条件をクリアし、政府のお墨付きをもらった優良企業は
堂々と胴元として運営できるようになったので、参加者は
爆発的に増えていきました。

  ↓ ↓ ↓ ↓


こうして複数のブックメーカーが誕生、成長していく過程で
賭けの対象が競馬のみならず様々な分野に広がっていきました。

現在では、ほとんど世界中のスポーツが対象になっています。

サッカー、テニス、バスケット、ホッケー、野球、アメフト、
バレーボールやクリケット、その主要リーグはもちろん、
2部、3部リーグやワールドカップやオリンピック、世界陸上、
格闘技などの国際大会、スヌーカーやダーツなどのユニークな競技にも
オッズがつけられて賭けの対象になっています。

さらにおもしろいのが、
大統領選挙や芸能関係の各賞について、またクリスマスは雪が降るのか?など、
人々の関心が集まる(集まりそうな?)日常の出来事にまでオッズがついていることです。
スポーツベッティングに慣れ親しんだ国では、遊び感覚であらゆる物事にオッズが
付けられているんですね。

ほんとに、「こんなのも賭けの対象!?」とビックリするものもあります。
日本のプロスポーツにも結構用意されているため、いつもと違う角度から楽しめ、
とっても新鮮です。

ブックメーカーで賭けを楽しむというスタイルは、発祥地域である欧州では、
もはや当たり前なエンターテイメントとして確立されています。
街にはショップが立ち、人々で賑わっています。

日本で、宝くじ売り場に行列ができているようなものですね。

そして、これが近年インターネット環境の整備によって
オンラインブックメーカーとしてネット上で各国から参加できるように
進化してきました。世界中の人々が楽しめるようになったのです。

そして、スマホの登場で、さらに爆発的に広がっているのです。

現在、ブックメーカーはインターネット上に大小500社近くあると
言われています。このように数が増えてくると、どうしてもクオリティに
差が生じてくることはしかたのないことですね。
大半は安心して使えますが、中には配当を払わない、連絡がつかない、
など、悪質なブックメーカーもあるのでご注意ください。
※ウィリアムヒルは超優良なので安心して遊べます(^^)

ブックメーカーはスポーツベッティングを楽しむ場としてのみならず
オッズやスポーツを分析して稼ぐ投資市場としても注目を集めています。
それが、【アービトラージ】ですね。

サッカーファンブログ│ワールドカップ2018を応援します TOP » Bookmaker(ブックメーカー)ってなに?