決意を語る大迫勇也「自分らしさを出すことが代表での課題」 | サッカーファンブログ│ワールドカップ2018を応援します

決意を語る大迫勇也「自分らしさを出すことが代表での課題」

いつも「サッカーファンブログ」を訪問いただきありがとうございますm(__)m
さっそく、今日のニュースです。



ブラジル・ワールドカップに臨む日本代表は現地時間4日、アメリカのタンパで、合宿6日目の練習を実施した。



記者団の取材に応じたFW大迫勇也は、所属する1860ミュンヘンと日本代表でのプレーを比較して、「(味方からのサポートは1860ミュンヘンのほうが)少ない。『どうにかして』みたいな」と話し、「(代表では)くさびに対してはもっと受けてほしいと言われたし、そこが一番大きいかな。もっとくさびを受けてということを、特に今回は言われたので。そこが個人としてはデカいかな、前の選手としては。そういうこと(ポストプレー)が特長だと思うし、そこで起点を作って、またゴール前に行くことで、良い流れができてくると思うから、そういうことかな」と、自身の特長を発揮することに手応えを示した。



2日のコスタリカ戦で、相手のDFからのマークを外す動きを頻繁に見せていたことについては、「自分の感覚でやるのが一番なので。(アルベルト・ザッケローニ)監督から言われていることを頭に入れながら、という感じですね」と、コメントし、「相手から離れることができれば、(パスを)出せる選手はたくさんいるので。そこは自分の動きを大事にしていますけどね。(パスが)出てこなかったら、また次の時に出てくるように言えばいいし。そこは、そこまで言わずとも出てくるので、今は。出てこなかった時に言えばいいんじゃないですか」と、話した。



3月5日のニュージーランド戦では持ち味を発揮できなかったが、大迫は、「代表での俺の課題だったから、自分らしさを出すということが。型にはめられて、とらわれ過ぎている自分がいたから。そこは変えていかないといけないですよね、これからもっと」と、進化を誓い、「ワールドカップまであと1試合あるので、もうちょっとインパクトを残せるように」と、抱負を語った。



引用:決意を語る大迫勇也「自分らしさを出すことが代表での課題」








もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » サッカーファンブログ│ワールドカップ2018を応援します

サッカーファンブログ│ワールドカップ2018を応援します TOP » ニュース » 決意を語る大迫勇也「自分らしさを出すことが代表での課題」