香川所属マンUが独代表MFクロース獲得で基本合意か…地元紙報道 | サッカーファンブログ│ワールドカップ2018を応援します

香川所属マンUが独代表MFクロース獲得で基本合意か…地元紙報道

こんにちは(^^)今日のニュースです。



日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uが、バイエルンに所属するドイツ代表MFト二・クロースを獲得することで基本合意に至ったと、イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。



同紙によると、マンチェスター・Uはバイエルンとの契約が残り1年となったクロースを、2000万ポンド(約34億円)で獲得。以前から、デイヴィッド・モイーズ前監督の1番のターゲットとされ、移籍の噂が報道されていた。そして監督が変わった今、ルイス・ファン・ハール新監督も、バイエルン時代にクロースに指導していたこともあり、獲得に前向きだったため合意に至ったとされている。



24歳のクロースは今シーズン、ブンデスリーガで29試合に出場し2ゴール。チャンピオンズリーグでは12試合に出場し1ゴール挙げている。また6月のブラジル・ワールドカップに臨むドイツ代表候補メンバー30名の中に選ばれている。



引用:香川所属マンUが独代表MFクロース獲得で基本合意か…地元紙報道








もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » サッカーファンブログ│ワールドカップ2018を応援します

サッカーファンブログ│ワールドカップ2018を応援します TOP » ニュース » 香川所属マンUが独代表MFクロース獲得で基本合意か…地元紙報道